場所のデザイン

2020/9/4 19:38

日本では「ポツンと一軒家」がキャッチーかもしれまんが、オーストラリアでは「荒野に建つ」が似合う環境があります。建築家は「荒野に建つ」が好きですが、ある建物が独立して立派に建っている姿は魅力的に見えます。日本では建築が立つ場所が少なく、狭小面で世界的に評価されることが多いですが、そもそも場所が狭小と捉えていいと思います。
人の介さない大きな大地でデザインをしたのが写真の建物です。場所を立ち上げているのですが、その方法論的なところが私が興味を惹かれる部分です。自然のランダムさやずらし方がモダンにも見えますし、普通にも見えます。環境と部材の間に自然の表現が根幹にあります。
私も日本の現状を「荒野」と捉え設計活動をしています。〈設計事務所の特徴〉

アーカイブ

アーカイブ

最近の投稿
Copyright © If it is an order house in Suzuka | Takasugi Atelier. All Rights Reserved.