モチーフ

2020/7/10 17:08

木が織りなすようなデザインや星空、地層など日本には無いモチーフがオーストラリアにはあり目に付きましたが、それは中心や方向性を持ったデザインというより、要素が混じり合った対共存性のある模様で、あるパワーを残して存在しているように感じました。日本では自然をモチーフにする時は自然を超え離れる象徴性をテーマにすることが多いですが、オーストラリアではヒューマンさを忘れていないように感じました。実直さや実用面も合わせ持ち、人の視点で考えられたデザインで柄や模様に近いもの。文化が混じり合い中心や方向性が意味をなさない自由さが表れ組み立てられた先なのかもしれません。〈設計事務所の特徴〉

アーカイブ

アーカイブ

最近の投稿
Copyright © If it is an order house in Suzuka | Takasugi Atelier. All Rights Reserved.