省エネの工夫

2018/11/16 15:17

日の出から日の入までの太陽エネルギーを十分に生かすことを考えると、『日中の採光』、『冬場の暖房』という2つの大きな役割がある。
省エネ設計の基本は南側に庇付の窓をつくり、夏の高い太陽光はできるだけ防ぎ、冬の低い太陽光は部屋に入れるようにする。東西側は日の出、日の入の低い太陽光が常時あたるため、夏場を考え、部屋の通風以外の窓はなるべく少なくする。
敷地いっぱいに建物が建つ場合では、道側の壁面で庇をつくるかシャッターやガラスで日差しを調整する必要が出てくる。
どちらにしても長い目でみれば、恒久的な解決方法を選択することをお奨めする。

 

【注文住宅の魅力/省エネ住宅】

 

アーカイブ

アーカイブ

最近の投稿
Copyright © If it is an order house in Suzuka | Takasugi Atelier. All Rights Reserved.