設計事務所の特徴

注文住宅や省エネ改修リフォームを検討されている方で、どの施工会社に依頼すれば良いか悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

注文住宅の依頼先は大きく分けて、設計事務所・工務店・ハウスメーカーの3種類があります。中でも設計を専門とする設計事務所なら、間取りやデザイン、木造・鉄骨といった構造など、設計の自由度が高く、施主の要望やこだわりを最大限に取り入れることが可能です。つまり、満足のいく家づくりにつながります。

そこで今回は、後悔しない注文住宅にするために、設計事務所を選ぶ際のポイントをご紹介します。注文住宅を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

設計能力・コストマネジメントの高さ

会話している二人

住まいの理想像をお持ちの場合、建築士にそのイメージをきちんと伝えることで、理想通りの設計をすることができます。

間取りやカラー・デザイン、設備などの提案力・設計力の高い設計事務所であれば、施主の要望をしっかりとくみ取ってくれますので、望み通りの注文住宅が実現できます。

また、予算がある程度決まっている場合は、コストマネジメントの高い設計事務所に依頼することで、限られた予算内に収まるように設計の提案をしてくれます。

設計能力やコストマネジメントの高さは経験や知識の質や量にも左右されるため、実績の豊富な設計事務所に依頼することが大切です。

相性が合うかどうか

名刺を渡す

注文住宅の設計を進めるにあたって、建築士とお客様のコミュニケーションが非常に重要になってきます。

話がしやすい、要望を丁寧に聞いてくれる、わかりやすく説明をしてくれるなど、対応や性格などお互いの相性の良さを確認することが大切です。

相性の良さは、建築士と実際に話をしてみないとわかりません。まずは問い合わせてみましょう。

信頼できるかどうか

注文住宅の設計は施主と建築士との共同作業と言っても過言ではありません。そのため、双方との間で信頼関係を築くことが不可欠です。嘘やごまかしがなく、誠実であることが信頼関係の基本になります。注文住宅を建てる際は、「この人なら安心して任せられる!」と思えるような、信頼できる設計事務所を選ぶようにしましょう。

奈良で注文住宅(木造)や省エネ改修リフォームを依頼するなら

奈良で注文住宅(木造)を建てる際は、設計能力やコストマネジメント能力が高く、相性が良くて信頼できる設計事務所を選ぶことが大切です。

高杉アトリエ一級建築士事務所では、奈良・三重・滋賀を中心に、注文住宅・省エネ改修・リフォームのオーダー設計を行っています。高い設計能力とコストマネジメント能力を備えた一級建築士による設計です。誠実にお客様と向き合ってオーダー設計をいたしますので、安心してお任せください。

Copyright © If it is an order house in Suzuka | Takasugi Atelier. All Rights Reserved.