間取りのポイント2

デザイン住宅を建てる際、間取りをどうすれば良いのかと迷う方は多いでしょう。こちらでは、鈴鹿市でデザイン住宅を建てる方へ、間取りを決める際のポイントをお伝えします。

デザイン住宅の設計を依頼したいのでしたら、鈴鹿市にある高杉アトリエ一級建築士事務所へご相談ください。機能性・快適性を重視したデザイン住宅をご提案させていただきます。

収納

お酒の瓶

デザイン住宅での収納は、広さ・場所・使いやすさを考慮しましょう。

収納は奥行きや幅を考慮する

ウォークインクローゼットやパントリーは、1畳など畳数で記載されている場合がありますが、具体的な広さをイメージできる人は少ないでしょう。大まかな広さで収納を決めると、奥行きがありすぎて奥の物が取れない、またはタンスを並べられないなどの問題が発生する恐れがあります。

具体的な広さがわからない場合には、収納アイテムの奥行きや幅は何cmであるかを測りましょう。

収納の場所は使いやすさを考慮

例えば、収納の奥に書斎があり収納場所の一部が通路にあたると、収納量が少なくなります。また出窓下の収納は、家具の配置に制限ができます。収納は使う場所から近いか、扉は使いやすいか、使いやすい高さや明るさであるかも考慮しましょう。

高杉アトリエ一級建築士事務所は、鈴鹿市でデザイン住宅設計を行っています。使いやすい間取りの設計を依頼したい方は、ぜひご相談ください。これまで数多くのデザイン住宅を手がけてきた高杉アトリエ一級建築士事務所が対応いたします。

部屋の広さ

家族が過ごす場所はゆったり設計

リビングやダイニングなど、家族が長く過ごす場所は、部屋の広さにゆとりを持たせましょう。理想的な広さは、リビングダイニングで13~15畳・キッチン3~5畳です。

どのくらいの広さにすべきか迷ったら、家具の正確なサイズを測り、図面に書いてみてください。家具を置いて通路が確保できているか、広すぎて殺風景にならないかを考慮しましょう。

部屋の広さは優先順位を付ける

部屋の広さを決めるときは、部屋ごとに優先順位を付けましょう。例えば、リビングを優先しすぎて、玄関が狭いと、作業がしにくく、収納の圧迫感が出ます。

また脱衣所が狭いと、服を脱ぐスペースが足りなくなるかもしれません。後回しにしがちな客間も、来客が多いなら6畳くらいは必要です。部屋の広さは1つだけで考えず、バランスを取りましょう。

鈴鹿市にある高杉アトリエ一級建築士事務所では、間取りの設計・相談を承ります。お客様のご要望をもとに、機能性・快適性を重視した間取りのデザイン住宅を設計・施工いたします。デザイン住宅・リフォームのために設計事務所をお探しの方は、高杉アトリエ一級建築士事務所をご利用ください。

音の伝わり方

ヘッドフォン

間取りの設計では、音の伝わり方を考慮する必要があります。

エアコン・食洗器の音の伝わり方に注意

寝室に接している部分にエアコンの室外機や冷蔵庫があると、睡眠中に騒音が気になる場合があります。また寝室や子供部屋で、屋外の騒音の影響がないか確認してください。

声や物を落としたときの伝わり方に注意

リビング上の子供部屋は、子供が騒ぐと騒音がします。吹き抜けは、お客さんが来る場合、声が寝室まで通るため注意しましょう。道路が近い住宅は、道路側の部屋で子供の声などが外まで響く恐れがあります。

高杉アトリエ一級建築士事務所は、鈴鹿市でデザイン住宅の設計・相談を承ります。住宅・アトリエ・店舗・公民館・事務所・工場など、様々な建築物の設計を手がけた設計士が、お客様一人ひとりのライフスタイルに合わせたプランをご提案させていただきます。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

デザイン住宅の設計を依頼したい方は鈴鹿市の高杉アトリエ一級建築士事務所へ相談

デザイン住宅は自由度が高いため、間取りの変更が可能です。しかし、自由度が高いからこそ、間違った間取りを選ばない工夫が必要です。理想の間取りにしたいのでしたら、専門家に相談してみましょう。

鈴鹿市にある高杉アトリエ一級建築士事務所は、設計はもちろん、間取りの相談を承ります。鈴鹿市の土地に合ったデザインや間取りのデザイン住宅を建てたい方は、高杉アトリエ一級建築士事務所へ。

Copyright © If it is an order house in Suzuka | Takasugi Atelier. All Rights Reserved.