省エネ住宅

省エネ住宅という言葉を聞かれたことはありますか?

省エネ住宅とは、文字通り、「エネルギーの消費が少ない家」のことです。注文住宅の建築やリフォームを設計事務所や工務店に依頼する際、省エネ住宅を選択すると、様々なメリットがあります。ここでは、省エネ住宅の定義を説明した上で、省エネ改修リフォームのメリットと補助金制度を受けられる基準を解説します。注文住宅・リフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

省エネ住宅とは?~省エネ基準~

葉っぱが中心にある緑の電球

省エネ住宅とは省エネルギー住宅の略で、省エネ効果が優れている住宅のことです。住宅の省エネ効果を高めるには、断熱性・耐候性・気密性などの要素が必要になります。省エネ住宅は、これらの性能が一般的な住宅に比べて優れている住宅を指します。

省エネ住宅であるかどうかの判断材料として国が定めている省エネ基準があり、この基準を満たしていると、省エネ住宅と認定されます。その場合、補助金が支給されたり、税金が優遇されたりなど、経済面で大きなメリットがあります。

注文住宅や省エネ住宅についてご相談・ご質問がありましたら、お気軽に高杉アトリエ一級建築士事務所までお問い合わせください。

省エネ改修リフォームのメリットとは?

輝く家

省エネ改修リフォームをすると、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

まず、最大のメリットは快適な暮らしを送れることです。断熱性・耐候性・気密性に優れているため、一年を通して快適な住まいが実現できます。住宅の消費エネルギーを削減でき、省エネ効果の高い住宅にすることが可能なのです。

また、ある一定の基準を満たしていれば、所得税と固定資産税、不動産取得税などが減税され、なおかつ補助金も支給されます。補助金である程度の工事費もまかなえるため、結果的に安い費用で住宅リフォームができるようになります。

省エネ改修における補助金制度を受けられる基準

高性能建材による住宅の断熱リフォームをする場合、戸建て住宅ですと最大で120万円の補助金を受け取れます。ただし、補助対象費用の3分の1までの金額です。

補助金が支給される要件として、申請者が常に居住する専用住宅であることが必要になってきます。つまり、補助金を申請した人が実際に住むことが条件になるわけです。また、住宅の断熱リフォームをする際は、一般社団法人「環境共創イニシアチブ」が定めている補助対象製品を使用することが必要です。

奈良で注文住宅や間取りのリフォームに関するお問い合わせは高杉アトリエ一級建築士事務所へ

奈良で注文住宅や間取りのリフォームのことなら、高杉アトリエ一級建築士事務所へお気軽にお問い合わせください。

注文住宅・リフォームの設計を手掛けています。「思い通りの家にしたい」、「間取りを変更したい」、「省エネ改修を依頼したい」といったご要望はありませんか?より快適な住まいづくりのお手伝いをさせていただきます。奈良で注文住宅やリフォームを依頼する際は、ぜひお任せください。

Copyright © If it is an order house in Suzuka | Takasugi Atelier. All Rights Reserved.