間取りのポイント

工務店やハウスメーカー、設計事務所に注文住宅の依頼を検討されている方で注文住宅を成功に導くための重要ポイントをご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

重要ポイントの一つは間取りの選定です。間取りの選定は自由で楽しい反面、日常生活の快適さを左右するため悩みどころでもあります。そこで注文住宅の建築をお考えの方のために、間取り決めでありがちな失敗例や間取りを決める際のポイントをご紹介します。

間取り決めでありがちな失敗例

困った顔のイラスト

動きづらい

間取り決めの最大の成功ポイントは、効率の良い動線です。家事動線や生活動線を考慮することが重要になってきます。特に水回りは家事動線と生活動線が悪いと、調理や洗濯、掃除などの作業がしにくくなってしまいます。作業効率を意識した動線を確保しましょう。

物が入らない

間取り決めをする際は、収納スペースの確保も重要ポイントです。

収納スペースが少ないと、家中に物が溢れてしまいます。狭いスペースを最大限に活用するには、収納スペースの場所や形も考える必要があります。ただし、広くてたくさんあれば良いというものではありません。

無駄に広くてたくさんあっても、収納が使いづらかったり、部屋自体が狭くなったりする可能性があるからです。家具や物の量を把握した上で、収納の大きさや数を決めましょう。

コンセントが使いづらい

家の中で家電製品を使用するにはコンセントが欠かせません。コンセントの数が少ないと、家電製品の使用に支障が出ることも…。また、コンセントの位置も重要です。実際に電化製品を使用することをイメージしてから位置を決めることをおすすめします。

間取りを決める際のポイント

笑っている家族

家族みんなで話し合う

注文住宅の建築で間取りを決める際は、家族全員で話し合って優先順位を決めるようにしましょう。家づくりにかける費用には限りがありますので、本当に必要である、できれば条件に入れたいなど、優先順位を決めるとスムーズに進みます。

ゾーニングの決定

水回り・キッチン・リビングなどの間取り決めでは、ゾーニングに基づいて最適な位置に配置することをおすすめします。ゾーニングとは、暮らしに必要な空間を中心に配置を決めることです。ゾーニングを決める際は、パブリックゾーン・プライベートゾーン・サービスゾーンが三角形になるように配置すると、効率の良い家になります。

快適な生活空間

効率の良い動線をはじめ、日当たりや風通しの良さを意識することも、間取り決めの重要な要素になります。部屋の構造上、どうしても日当たりや風通しがあまり良くない場合は、インテリアの配置を変えたり、壁紙の色を明るくしたりするなど、工夫してみてはいかがでしょうか?

サイト内のコラムで、間取りのイメージ図をご紹介しています。家づくりの参考にしてください。

滋賀で注文住宅・リフォームの依頼は高杉アトリエ一級建築士事務所

滋賀で注文住宅やリフォームをお考えの方は、高杉アトリエ一級建築士事務所へご依頼ください。滋賀や三重を対象に、注文住宅・リフォームの設計を多数手掛けています。木造化・省エネ改修を促進した、健康面・生活面を考慮した設計です。より快適な家づくりのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

Copyright © If it is an order house in Suzuka | Takasugi Atelier. All Rights Reserved.