一級建築士について

ハウスメーカー・工務店などへ家づくりを依頼する際には、住宅設計を一級建築士が担当するケースがほとんどです。

建築設計は一級建築士に依頼するというイメージはあっても、具体的な依頼内容についてはよくわからないという方も多いかと思います。これから住宅の建築をお考えの方向けに、一級建築士の仕事の内容を説明します。一級建築士だからできることや設計対象となる建築物についても併せてご覧ください。

注文住宅を建てる予定のある方は、ぜひ高杉アトリエ一級建築士事務所にご依頼ください。

一級建築士とはどんな資格?~建物の設計を依頼するなら高杉アトリエ一級建築士事務所へ~

建築物と基礎

一級建築士は国土交通大臣による認可を受けた建築設計の専門家で、国家試験に合格することが必須となります。一級建築士になると設計業務と工事監理業務を行うことができ、あらゆる建築物の設計から工事監理までを独占的に行えます。

設計業務には、意匠設計・構造設計・設備設計があります。ただイメージ通りの建物を設計するだけではなく、安全面に十分配慮し、過ごしやすい建物を作るためのデザインや骨組み、設備に至るまですべてについて考える役割を担っています。

二級建築士と比べると扱える規模が大きいため、多岐にわたって業務を担うことができるのが特徴です。一級建築士の資格を持っていると、小規模な戸建住宅や注文住宅から大規模な高層ビルまで、あらゆる建築物の設計や工事監理をすることができます。

建築主に対する重要事項説明や建築工事契約に関する事務、建築物に関する調査や鑑定も一級建築士の業務に該当します。一級建築士をお探しでしたら、高杉アトリエ一級建築士事務所にお問い合わせください。建物設計に関する疑問・質問はいつでもお受けしています。

一級建築士だからできること~木造建築・省エネ改修・リフォームに関するお問い合わせ受付中~

親指を立てていいね!

建築士には、「一級建築士」と「二級建築士」があります。二級建築士は設計と監理ができる建物に制限があるのに対して、一級建築士には制限はありません。二級建築士の資格があると、延べ床面積1000㎡以下、もしくは3階建までの木造建築物の設計や監理などができます。

通常の戸建住宅の設計や監理は二級建築士でも行えますが、一定規模以上の大規模建築物の設計と監理は一級建築士しか行うことができません。大規模ショッピングセンターや超高層ビルなどの設計や監理は、一級建築士だからできる業務になります。

注文住宅や住宅のリフォームを依頼したいという方がいましたら、どうぞ高杉アトリエ一級建築士事務所にご相談ください。住宅に求める条件や理想とするイメージをお伺いした上で、周辺環境との調和も踏まえた設計をご提案します。

注文住宅以外の設計対象となる建築物について

すべての構築物

学校や病院・百貨店・劇場など、延べ面積が500平方メートル以上の建物全般

鉄筋コンクリート造や鉄骨造・石造・れん瓦造・コンクリートブロック造・無筋コンクリート造の建築物

延べ面積が300平方メートルを超えるものや高さが13メートルを超えるもの、もしくは軒の高さが9メートルを超えるもの

木造の建築物

2階以上で延べ面積が1,000平方メートルを超えるもの・高さが13メートルを超えるもの、もしくは軒の高さが9メートルを超えるもの

その他の構造をした建築物(木造以外)

2階以上で延べ面積が1,000平方メートルを超えるもの

滋賀県内で一級建築士をお探しなら高杉アトリエ一級建築士事務所~省エネ改修やリフォームもお任せ~

一級建築士は、国家資格を保有する建築設計の専門家です。二級建築士とは違い、あらゆる建築物の設計業務と工事監理業務を行うことができます。

滋賀にお住まいの方で一級建築士をお探しでしたら、高杉アトリエ一級建築士事務所にお問い合わせください。注文住宅や飲食店などの設計を得意としており、木造の住宅の設計はもちろん、省エネ改修や店舗設計を行っています。

Copyright © If it is an order house in Suzuka | Takasugi Atelier. All Rights Reserved.